人口縮小社会において、縮小する600もの農村を再生した取り組みが、かつて江戸時代にありました。 川の氾濫氾濫という自然災害で被災し、その苦労で両親をなくした一人の少年は、自らの手で薪を売り、田を耕し、失った田畑を買い戻して、家を復興させます。少年は青年とな