経営からの地域再生・都市再生

木下が地域再生・都市再生を事業対象として、研究対象として取り扱う中で、有益な情報を発信するために10年以上に渡り継続しているブログです。主として、経営を軸に地域や都市を捉えた記事を書いています。

経営からの地域再生・都市再生 イメージ画像

地域・都市再生

先日、カタリストBAで「公共」を創るという企画で、議論した内容を少し私なりに整理しようかなと思っています。以下のレポートは前半だけですが、どうぞ。◯[report] EDGE TOKYO DRINKS 06  -「公共」を創る - http://catalyst-ba.com/archives/1546まちづくりという分野
『政治・行政と市場のツーサイドで考える、公共領域。 (No.980)』の画像

遅れに遅れましたが、ようやく一冊産み落とすことができました。その名も 『まちづくり:デッドライン』 です。 前作「まちづくりの経営力養成講座」から早3年。今回は経営の切り口が、まちの空間をテコにした競争力の形成について、時代的な認識、統計的な変化の認識を説
『新刊『まちづくり:デッドライン』のご紹介。』の画像

新年度もスタートし、今日からまちづくりに関連する仕事を開始された方もいらっしゃるかと思います。これまでは関係していなかったけど、地元でまちづくりの取り組みを始める方もいらっしゃるかもしれません。  ということで、心得編的な話ですが、「まちを変える10の覚悟」
『「まちを変える、10の覚悟」 (No.975)』の画像

リバプールは2つのBID。1つの再開発モール。港湾部へのPPP型の積極投資展開。という3つの展開が重なって、これらの関係者が互いにタッグを組んで都市再生に取り組んでいるまちでした。正直、日本では見たことがない、都市再生型のPPPの一つであると思いました。リバプールヴ
『都市再生を目指すPPP・リバプールの取り組み (No.974)』の画像

昨日はSolihullという恐らくみなさんも行ったことはない方ばかりの、まちのBIDオフィスを訪問、色々と意見交換してきました。イギリスでもBID政策がパイロット事業からスタートして、なんだかんだでもう10年が経過しています。今回のSolihullBIDは、英国におけるBIDの裾野の
『SolihullBID~まちが終わる前に始めるBIDの時代~ (No.973)』の画像

↑このページのトップヘ