前から検討しながら実行が遅れていたPodcastingですが、本日から開始します。

全国各地のまちづくりの現場で活躍されている方々との対談を発信するために、Podcastを始めます。私自身、様々なまちづくりの現場の方と共に事業に取り組ませていただいており、そのときの何気ない意見交換が大変重要な内容を含んでいることに気づきました。これをどのように発信しようかと考え、今回Podcastを始めるに至りました。

とはいえ内容的は雑談的な緩い内容ですし、動画でもないので、まちづくり関係のお仕事をされている方々の「ながら作業」のお供にしていただく程度にして頂ければと思います。

(何より収録なども不慣れなところが沢山あり、台本たる台本もないままにやっています。また久々に自分の声を客観的に聞きましたが滑舌の悪さ、無用な声の大きさ等に閉口。お許し下さい。)

さて、第一回目のゲストは、「矢部拓也さん(徳島大学准教授、NPO法人まちづくり役場理事、一般社団法人まちづくり役場とくしま理事)」です。




■矢部拓也さんプロフィール

<参考URl>

■株式会社黒壁

■NPO法人まちづくり役場

■一般社団法人まちづくり役場とくしま




矢部さんとは私が高校生、矢部さんが大学院生時代からの、10年来の付き合いです。大学院生時代に矢部さんは黒壁に関わり、今も黒壁グループのNPO法人まちづくり役場の理事もされています。また、一昨年には熊本城東マネジメントのプロジェクトを立ち上げ、昨年末には徳島においても一般社団法人まちづくり役場とくしまも立ち上げ、私も共に理事をさせて頂いております。

そんな現場と研究とを行き来する矢部さんと今回は意見交換をさせて頂きました。

お話した今回の概略は以下の通りです。当初は1時間に収める予定だったのですが、色々と話していましたら1時間35分の長さになってしまいました。
(1)長浜の株式会社黒壁の取り組みのポイント
・郊外事業者による中心部再生
・事業モデルの水平展開
・出向者の受け入れなど人材育成

(2)中心市街地活性化の改正点について
・なぜ中心市街地活性化が必要か?
・協議会制度の課題
・事業収益の重要性
・補助金支援の課題
・事業成果を上げるまちづく会社による事業水平展開の価値


■お聞きいただく方法
お聞きいただくためには、2つ方法があります。
以下の画像をiTunesにドロップアンドプロップで登録していただければ、内容が更新されると自動的に新しいファイルがダウンロードされます。

ArtWork

もしくは、以下のURLにアクセスして頂くとPodcasting用のブログに繋がります。そこでラジオのような再生機能がブログに生み込まれていますので、その再生ボタンを押していただくとお聞きいただくことができます。

■まちづくりの経営力養成講座Podcast(配信用ブログ)



木下斉・著[まちづくりの「経営力」養成講座] 全国書店にて発売中