拡張現実に関する話は以前からありましたが、具体的なサービスが最近話題になっています。
拡張現実とは現実の映像に、それらに連動した情報が配信されるサービスで、昔からアニメーションなどで街中を見たときに各建物に入居しているテナント情報とかが自動的に投影されるようなシーンがありますが、ああいったものです。一番有名なのは、ドラゴンボールのスカウターですね。自動車のフロントガラスに周辺情報を実際の目で見ている映像に重ね合わせる形で、周辺情報をディスプレスに投影する技術などもありました。

そのような中、iPod touch / iPhone用アプリのセカイカメラというサービスが最近話題になっています。少しわかりにくい点もあるので、デモムービーがyoutubeにアップされていたので埋め込んでおきます。







基本的には実際にiPhoneなどの画面で写したカメラの画像に、GPSやLANの位置情報を連動させて表示させる技術です。つまり実際に見ているカメラの映像のそれぞれに合わせて情報が掲載されるので、道案内や建物案内などが非常に便利にできるものです。

これを使って、岐阜県の観光コースが作られました。もともとセカイカメラを開発した会社が岐阜にあるそうで、そんな繋がりのようです。

■行政も拡張現実に興味 岐阜県にセカイカメラ用散策コース

従来から位置情報などに紐づけた情報整理で方法はありましたが、それよりも直感的にわかりやすいかなと思います。他の地域などでも試しにやってみるのもいいかなと思います。が、やはりタグ付け作業の問題はありますね。みんなでやってもらうしかないかな。従来の各店舗情報などをWebに掲載するだけでなく、それらの情報の二次利用としてこういったものとも連動できると良いですね。タグ付けの内容が簡単なtwitterのように更新できると便利なんですが。そのうちそういうサービスも出てくるかもしれませんね。