今年はいろんなコトがありましたが、年の瀬なので少し整理してみます。それにしても、かなり年初の頃から下期に向けては動きにも変化がありました。

多くの方と共に、エリア・イノベーションに向けた動きの基盤を整える一年となったことは有り難い限りでした。

[あったこと]
・アライアンスパートナー拡大
 今年は全国で11都市とのアライアンスに発展しました。今年初めはまだ事業をやっているのは熊本、札幌にとどまっていたことを思えば、適切に事業を共に出来る地域の方々が広がっていった感じです。ビジネスモデルの厚みにまだまだ差はありますが、来年はここは適切な拡大と共に、各地域別の事業規模についても深堀りを進めていきたいと思います。併せて、アライアンスベースをもとにして、いくつか既に取り組んでいる各事業レイヤーを強化していくこともしたいと思います。


・理事拡大
 今年は理事体制を見直した一年でもありました。当初は私と村瀬の二人理事体制で進めていたものを昨年冬から改訂を進め、結果今年は、札幌、東京、高松、徳島、長崎、熊本から理事をになっていただきました。また来年も組み換えを検討していますが、来期は恐らく各リージョンに分けて周辺地域のまち会社との新規事業についてAIAではなく、各理事のいるまちづくり会社を核としながら進める方をとりたいと思います。既にそのようなケースが増加してきていますので、来期はここを強化ですね。
 あとは得意分野のソリューションをもつ理事のまち会社と共に、プログラム化と他地域展開事業を推進していく形をとりたいと思っています。この点も既にいくつか着手しており、来年はしっかりとプログラム+他地域導入について、いくつかのケースを作りたいと思っています。秋には各地の皆さんにお集まり頂き理事会を開催したりもしました。来期はより各アライアンスパートナーのマネジャーの方々が集まるギャザリングに発展させたいと思います。


・ブートキャンプ
 今年は新たな試みとして、エリア・イノベーターズ・ブートキャンプを5月、12月と二度開催しました。従来から事業開発希望を頂く地域が多いものの、対応可能キャパの問題などもあり全ては受け入れられていなかったものを、合宿形式で事業計画策定から開発スケジュールまで一気に詰めてしまおうということで開催したのですが、これは素晴らしい成果となりました。参加地域から既に2つのまち会社の事業が開始されています。来年までにはもっと増加するものと思います。
 今年は「家守+FM」という不動産課題に対応するプログラムを作り、二泊三日、100Pageあまりのテキストで一気に立ててきました。来期は、さらに事業プログラムを充実させていくつかのブートキャンプに分けていくことになろうかと思います。既にまち会社の成長プロセスをAIAとしては策定しているので、そのステージ別での経営課題に対応する形にし、事業成果を確実に産んでいくモデルにしたいと思います。


・オフィス移転、マチキチオープン
 今年は6月にオフィスを移転して、まちの基地「マチキチ」をオープン。いくつかの企画を回したりと活用してきました。
 来期からはアライアンスエリアでもマチキチをオープンしていくことを予定しており、マチキチ憲章を作って複数地域での利活用融通とかを推進していくことになると思います。


・純民間企業とのプロジェクト
 今年から地方のまち会社とかだけではない、純民間企業とのプロジェクトもいくつか取り組ませてもらいました。単発のものから継続のものまで。来期はここは大いに強化していくことになると思います。エリア・イノベーションには公共だけではない、民間企業群と仕掛けていける領域も沢山あります。まち会社×民間企業もありますし、このあたりは大いに強化を図っていきます。AIAとしては、今年は直接公共関係からのご依頼を対応することはかなり少なくしましたが、来期は基本ゼロにして公共系は各アライアンスパートナーとの取り組みにしていこうと思っています。

・◯◯ナイト開催
 地方コミュニティで二地域ワークなどの発展や、地方活性化に東京在住リソースを集めていく動きですが、12月にサッポロナイトを開催しました。来期には47都道府県別でどんどん開催すると共に、地方都市出身者を中心とした地方都市のまちづくりへの協力PFをネット上に開設したりしていきたいと思っています。単にまちづくり事業を限られた人たちの取組みにしたいと思います。

・ネット中心のマネジメントスタイルの強化
 今年はアライアンスパートナーが増加したことにより、アライアンスパートナーとのスカイプを活用した隔週での定例会議、サイボウズLive!利活用などネット中心でのプロジェクトマネジメントスタイルを強化しました。出張などだけに依存しない細かなマネジメントを互いに実現することで円滑な事業開発体制に移行しつつあるように思います。まだまだ課題はありますが、従来の出張で現地にいった時だけしか進捗などをシェアできない状態からはかなりの進展といえます。まちづくり業界の課題である、変な現場での打ち合わせ空気感みたいなものだけに依存しない、ハイブリッドな形を作れればと思っています。これがかなり進展できれば、先の在京出身者などもネットでプロジェクト参画がより行い易くなり、人材リソースの欠損を補うことが可能になる可能性が高いです。また、来期は前述のギャザリングなど共にオンライン上での情報交換を実現し、アライアンスパートナー同士の関係構築も進めていく予定にしています。

(サイボウズLive!さんの導入事例としてもご紹介頂きました。http://magazine.cybozulive.com/2011/12/aia.html)

・Webの拡充
 まだ中身が揃っていないので大きな宣伝していないですが、拡充しました。新たにジョインしてくれたメンバーである榊原君が頑張ってくれてます。まだこれから一気にWEBでプログラム販売などを開始するなどをしていきます。しっかりWEBでもまち会社が様々な事業開発の指針となる内容を学んだりできるように構築していきます。Webを通じた展開は、来期の重要テーマです。今年はそこまで力入れられませんでしたが、がっつりやります。

・海外展開への着手
 今年は海外展開への足がかりとして、ドキュメンテーションへの着手(まだ完了全くできていないので来期課題)をしました。さらに、法政大の保井先生と韓国で開催されたAsiaNGOInnovationSummitに参加しました。来年は欧米各国のまちづくり団体とのアライアンスへの動き、併せてドキュメンテーションを完了して各国のジャーナルへの投稿などを行います。

・まちづくりの経営力養成講座の重版
 まちづくりの経営力養成講座が第三版となりました。大変マニアックな領域の入門書として一昨年出したものですが、ちょいちょい売れているのは有り難い限りです。これも皆様のお陰ですー。有難うございます。が、今年はなんかどたばたで、全く本をかけませんでした。来期は最低2冊は出せるように頑張りたいと思います。1冊はまちづくりに関わるワークスタイル、1冊は今年かなり集中的に取り組んだFM+家守という不動産マネジメント関連。頑張れればもう一冊は、もっとライトなものを数人の共著でやりたいと感じています。


(番外編)小型船舶免許1級
 春先に江田島で海軍兵学校を視察したことに刺激を受けて、日本男児たるもの船くらい運転できねばと思って、小型船舶免許とりました。まだ全く何にも活用できていないですが。笑

[いったとこ:50%アライアンスエリア、25%候補、25%その他]
今年は思い当たるところ以下の地域にお邪魔しました。基本的にはアライアンスパートナーがいるエリアが中心であったり、事業開発エリアですが、その他昔からの知り合いの地域などにも訪問する機会を頂きました。アライアンスパートナーとは複数回の出張をしているので、なんだかんだで結構な数になってしまいました。

熊本、境港、札幌、仙台、浜松、四万十、大阪、佐用町、北九州、名古屋、多賀城、福生、取手、石垣、つくば、長崎、熱海、盛岡、岐阜、女川、浜松、南三陸、松山、新潟、大分、韓国(チェジュ島とソウル)など。

[来年に向けて]
 来年は今年でかなりパターンをつかみつつある、プログラム化、サポート体制について強化しつつ、アライアンスパートナー同士のつながりを強化することなどがあります。事業レイヤーについても複数地域連携モデルが実現しやすくなっているので、今年やったことは全て横展開していくことになります。

 またネットの利活用についてはさらに進展させることになると思います。AIA自体はアライアンス事業だけに特化し、そのサポートモデルも属人的なものではなくシステムに落としこんでいきます。出張や属人的なモデルに依存していると、各パートナーにとってもコストも時間も負荷が拡大していくので、ここは重要なテーマです。今年、エリア・イノベーターズ・ブートキャンプでプログラム化と、その高速導入に一定の成果を得ましたが、オンラインと融合したモデルとして来期はもっと強化していきます。またAIAのスタッフ誰もがサポート可能な形に発展させていきたいと思っています。また後発地域のサポート業務は、先行地域のマネジャーと共同で展開していくことも目指したいと思っています。それによって事業付加価値の一部が確実に、各エリアに落ちていくスタイルにしたいと思っています。プログラム販売PFも同様で、オンラインシステムを通じて各地域の事例とかを販売していくのも、各まち会社のドキュメント資源を販売していける体制を年初からスタートさせていきます。また前述の出身者などのまちづくりへの関わり方を強化できる仕組みはがっつり進めます。

 マチキチなどの拠点整備はかなり来年は積極的に進めることが既に決まっているので、このあたりをしっかりやることで、アライアンスパートナーのまち会社の運営モデルもかなり変化していけると思います。

 あとはアライアンスパートナー全体で取り組む事業レイヤー強化、民間企業とのプロジェクト拡充を進めることは確実に進めます。あとは海外連携も前述のとおり、しっかりと進めていきます。

 このように、新規アライアンスパートナーの一定の開拓、現地でのフォローアップ、事業レイヤーの強化は当然ながら続けますが、来期は少し動きまわるだけでなく、体系化を進めたり、それを海外に持って行ったりをしたいと思っているので、一年間としてあまり出歩くことは積極的にしないようにしたいと思っています。単発の講演なども基本的にはお断りすることが多くなると思います。

 来年は30代に入ることもあり、動き方を大きく見直し、自分のビジネス領域もまちづくり以外のことにも今以上にチャレンジしていきたいと思っています。様々な地域の方とまちづくりと経営をモデルとしたエリア・イノベーションを目指して動けて行けていることに心から感謝です。また共にこれを進めているAIAメンバーにも感謝。皆々様に感謝です。

 今年も有難うございました!! 来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください!!